毛抜きが抜けない時の復活方法と毛抜きで根元から痛くなく抜くコツ

毛抜きの使い方や脱毛効果に、こんな疑問を持っていませんか?

  • 毛抜きで根元から毛を抜くにはどうすればいい?
  • 痛みを感じずに毛抜きを使うコツってある?
  • 毛抜きで抜き続けると生えてこなくなる?

この記事では、毛抜きで痛みを感じずに毛根からムダ毛を抜くコツを紹介します。
毛抜きの脱毛効果やメンテナンス方法についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

1.毛抜きが抜けない時の毛抜きの復活方法

1.毛抜きが抜けない時の毛抜きの復活方法

毛抜きに問題があると、うまく毛を抜くことができません。
次のような場合は、毛抜きのメンテナンスから始めましょう。

  • 買ったばかりの毛抜きなのにうまく抜けない
  • 毛抜きがへたってきて抜けにくくなってきた

では抜けなくなった毛抜きの復活方法と原因を詳しく説明します。

1-1.毛抜きが抜けない原因

1-1.毛抜きが抜けない原因

毛抜きが抜けないのは、「嚙み合わせが悪いこと」が原因です。
嚙み合わせが悪い毛抜きには、次のような特徴があります。

  • 安くて質が悪い毛抜き
  • 長年使い続けた毛抜き

安くて質が悪い毛抜きは、もともと嚙み合わせが悪いため、うまくムダ毛を挟むことができません。
一方、職人の手で1本1本仕上げられた高級な毛抜きは、嚙み合わせがしっかりしているため、使い心地も抜群です。

しかし長く使い続けていると、徐々に嚙み合わせが悪くなってくることもあります。
どちらの場合も毛抜きの嚙み合わせを治すと復活するので、買い替えずにメンテナンスを行いましょう。

1-2.毛抜きの噛み合わせを紙やすりで研いで修正

1-2.毛抜きの噛み合わせを紙やすりで研いで修正

毛抜きの嚙み合わせは、紙やすり1枚で簡単に治すことができます。
まずは以下を参考に、自分に合う紙やすりを準備しましょう。

  • 少し粗めに仕上げたい場合:耐水サンドペーパー♯240~400
  • ツルツルに仕上げたい場合:耐水サンドペーパー♯1000

では毛抜きの噛み合わせを治す手順をまとめて紹介します。

  1. 紙やすりに水をつけて半分に折る
  2. 毛抜きでペーパーを挟む
  3. ②の状態で横方向に5回ほど動かして研ぐ
  4. 紙やすりに対して垂直に閉じた状態の毛抜きを当てる
  5. 毛抜きを数回動かしてバリ(かえり)を取る

毛抜きを閉じた状態で確認して、隙間が見えなくなったら完成です。
研ぐ回数は、仕上がりを見ながら調整しましょう。

また同じ方向に研ぐと、バリ(かえり)が出ることがあります。
毛抜きの嚙み合わせを治しても、うまく抜けない時は④⑤を行ってバリを取ってみてください。

毛抜きの研ぎ方がわかる動画

2.毛抜きを使った抜き方のコツ。根元から抜けて痛くない方法は?

2.毛抜きを使った抜き方のコツ。根元から抜けて痛くない方法は?

毛抜きの使い方と抜き方のコツを、手順に沿って詳しく紹介します。

2-1.毛抜きや手、毛を抜く部位を消毒する

2-1.毛抜きや手、毛を抜く部位を消毒する

毛抜きや手、肌が汚れていると、毛穴に雑菌が入って毛嚢炎になってしまいます。

特にアンダーヘアは雑菌が繁殖しやすいため注意が必要です。
毛抜きで処理する際は、患部をしっかり洗って除菌シートなどで消毒しておくようにしましょう。

2-2.肌を温めて毛穴を開く

2-2.肌を温めて毛穴を開く

肌を温めてから毛を抜くとメリットは次の2つです。

メリット
  • 毛穴にかかる負担が軽減して痛みを感じにくくなる
  • 力を入れずに根元からムダ毛が抜ける

蒸しタオルを肌にのせて1分ほど待つだけで、毛穴が開いて毛が抜けやすい状態になります。
電子レンジを使って、蒸しタオルを準備しておきましょう。

【蒸しタオルを電子レンジで作る方法】

  • 45~50℃のお湯にタオルを浸す
  • タオルを絞ってラップにくるむ
  • 電子レンジに入れ500~600Wで30~60秒ほど加熱する
  • 温め足りない時は20~30秒ずつ加熱する

2-3.毛抜きでムダ毛を抜く

2-3.毛抜きでムダ毛を抜く

痛みを感じずに根元から毛を抜くコツは次の3つです。

①2本の指で皮膚を押さえてピンと張る

皮膚がたるんでいると肌が引っ張られて、抜く時に痛みを感じてしまいます。
2本で肌を押さえて、皮膚がピンと張った状態でお手入れを行いましょう。

②毛抜きで毛の根本を挟む

毛先をつまんで引っ張ると、途中で毛が切れて根元が残ってしまいます。
毛抜きを使う際は、できるだけ根本を挟むようにしましょう。

③毛の流れに沿って1本ずつ抜く

何本もまとめて抜こうとすると、次のようなトラブルの原因になります。

  • 皮膚が引っ張れて痛みを感じる
  • 毛穴に負担がかかって肌トラブルが起こる
  • 途中で毛が切れて根元から抜けない

毛の流れに逆らってムダ毛を抜くと、皮膚が引っ張られて痛みを感じやすくなります。
痛みを感じず根元から抜くためにも、毛の流れに沿って1本ずつゆっくり引き抜くようにしましょう。

毛抜きのコツをプロが解説している動画

3.毛抜きで毛を抜いた後のおすすめのアフターケア

3.毛抜きで毛を抜いた後のおすすめのアフターケア

毛抜きを使った後におすすめのアフターケアをまとめて紹介します。

  • 肌を冷やして鎮静する
  • 保湿ケアを行う
  • 肌を刺激せず清潔に保つ
  • 1週間が経過したらスクラブケアを行う

ではアフターケアのコツを手順に沿って詳しく説明します。

3-1.肌を冷やして鎮静する

3-1.肌を冷やして鎮静する

毛抜きの後に肌を冷やす目的は次の2つです。

  • 肌の炎症を抑える
  • 開いた毛穴を引き締める

毛穴が開いたまま放置すると、雑菌が入って毛嚢炎になってしまうので、しっかり冷やして毛穴を引き締めておきましょう。
冷却は次のようなアイテムを使って行います。

  • 冷たい化粧水を含ませたコットン
  • 冷たいおしぼり

化粧水を使う場合は、アルコール不使用の肌にやさしいものを使うのがおすすめです。
刺激を最小限に抑えたいなら、水を含ませた冷たいおしぼりを利用しましょう。

3-2.保湿ケアを行う

3-2.保湿ケアを行う

毛抜きを使った後は肌が乾燥しやすい状態になっています。
肌トラブルを防ぐためにも、以下の手順でしっかり保湿ケアを行いましょう。

  1. 刺激にならない化粧水で肌を整える
  2. セラミド配合の美容液や乳液、クリームで保湿
  3. 乾燥を感じたらワセリンで肌内部の水分が蒸発するのを防ぐ

化粧水は水分で構成せされているため、油分を補わなければ余計に肌が乾燥してしまいます。
肌の潤いをキープするためにも、化粧水で肌を整えた後はセラミド配合の美容液や乳液、クリームでお手入れを行いましょう。

3-3.肌を刺激せず清潔に保つ

3-3.肌を刺激せず清潔に保つ

毛を抜いた後は肌が敏感になっています。
肌が落ち着くまでは、次のような行為を避けるのがおすすめです。

  • 毛を抜いた箇所を触る
  • 湯船につかる
  • 熱いお湯で洗う
  • プールに入る
  • 日焼けをする

毛を抜いた直後は、石鹸やボディソープが刺激になることもあります。
刺激を感じたら石鹸を使わず、ぬるめのシャワーでサッと洗い流して肌を清潔に保ちましょう。

3-4.1週間が経過したらスクラブケアを行う

3-4.1週間が経過したらスクラブケアを行う

毛抜きでムダ毛を抜くと、埋没毛ができやすくなります。
埋没毛になるまでの流れは以下の通りです。

毛抜きで毛を抜く

出血や毛穴の腫れで毛穴が塞がる

ムダ毛が肌表面に出られなくなる

毛が肌の内側で成長する

埋没毛になる

スクラブで肌の角質を柔らかくしておけば、埋没毛を防ぐことができます。
毛抜きをしてから1週間が経過して肌が落ち着いたら、週1~2回のペースでスクラブケアを行いましょう。

毛抜きを使った後のアフターケア方法がわかる動画

4.毛抜きで抜くと脱毛効果はあるのか

4.毛抜きで抜くと脱毛効果はあるのか

毛抜きには脱毛効果がないため、抜き続けても生えてこなくなることはありません。
根元から毛を抜いても脱毛効果がでないのは、毛乳頭や毛母細胞などの発毛組織は毛穴の奥に残るからです。


引用元:https://www.nakagawaseikei.com/medical_esthe/

ムダ毛は毛母細胞が毛乳頭から栄養を受け取り、細胞分裂をすることで成長します。
そのため毛抜きを使っても、2~3週間ほどでまた毛が生えてきてしまいます。

「ムダ毛が生えてこなくなる」といった脱毛効果を実感したい人は、サロンやクリニックで脱毛を行いましょう。
キャンペーンを利用して安く脱毛を始められるサロンやクリニックについては、こちらのページをご覧ください。

参考記事
脱毛体験できるサロン決定版2021!お試しキャンペーンを部位別に紹介(VIO・足・腕・顔・脇・全身)
このページではサロンのお試しキャンペーンなどをフル活用して脱毛するサロンの通い方・低価格で試せる脱毛サロンやクリニックについてご紹介します!

5.まとめ

5.まとめ

毛抜きを使って、痛みを感じずに根元から毛を抜くコツは次の5つです。

  • 手や毛抜き、毛を抜く部位を消毒しておく
  • 肌を温めて毛穴を開いておく
  • 2本の指で皮膚を押さえてピンと張る
  • 毛抜きで毛の根本を挟む
  • 毛の流れに沿って1本ずつ抜く

毛抜きを使えば手軽にムダ毛を処理できますが、脱毛効果がないため2週間ほどでまた生えてきてしまいます。
また毛穴に負担がかかって、埋没毛や毛嚢炎などの肌トラブルが起こるリスクもあります。

肌トラブルの心配なく確実にムダ毛をなくしてしまいたい人は、サロンやクリニックで脱毛を始めるのがおすすめです。
キャンペーンを利用すればワンコインで試せるので、まずは実際に脱毛を体験してみましょう。

脱毛のお試しキャンペーンがあるサロンやクリニックについては、こちらのページで詳しく紹介しています。

参考記事
脱毛体験できるサロン決定版2021!お試しキャンペーンを部位別に紹介(VIO・足・腕・顔・脇・全身)
このページではサロンのお試しキャンペーンなどをフル活用して脱毛するサロンの通い方・低価格で試せる脱毛サロンやクリニックについてご紹介します!