メンズ向けおすすめムダ毛トリマーの選び方と使い方|VIOやすね毛はどう処理する?

トリマーでムダ毛を処理するにあたって、こんな疑問を持っていませんか?

  • おすすめのトリマーはどれ?
  • トリマーってどうやって使えばいいの?
  • ムダ毛をトリマーで処理するメリットって何?デメリットはない?

この記事では、おすすめのトリマーや、トリマーを使ったムダ毛の処理方法について紹介します。
トリマーでムダ毛を処理するメリットやデメリットについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

1.ムダ毛トリマーの選び方

男性用のトリマーは、女性用よりも太くて濃い毛を処理しやすいように工夫されています。
次の5つのポイントをチェックして、VIOやすね毛をしっかり処理できる男性用のボディトリマーを選びましょう。

  1. 処理したい部位に適した形状
  2. 長さを細かく調整できる
  3. 防水機能が付いている
  4. 刃を交換できる
  5. 持ち運びたいなら電池式・パワー重視なら充電式

では5つのポイントについてそれぞれ詳しく説明します。

1-1.処理したい部位に適した形状

トリマーの形状によっては、処理しやすい部位が異なります。
無理なくキレイに仕上げるためにも、気になる箇所を処理しやすいトリマーを選びましょう。

【部位別】処理しやすいトリマーの形状

部位 おすすめの形状
脇・すね毛・VIO T字型(I字型)
腕・襟足・もみあげ I字型(T字型)
胸・腹 バリカン型
背中 持ち手が伸びるタイプ

T字型やI字型のトリマーは小回りが利くため、細かい箇所まで丁寧に処理したい人に適しています。
胸や腹などの広範囲のムダ毛を処理したいなら、バリカン型のトリマーを選ぶのがおすすめです。

1-2.長さを細かく調整できる

アタッチメントで細かく長さを調整できるトリマーを選んでおけば、部位に合わせてちょうどいい長さにムダ毛をカットすることができます。
自然に見えるムダ毛の長さは、部位によって以下のように異なります。

【部位別】男性のムダ毛の自然な長さ

部位 自然な長さ
手の甲指 3~5㎜
6~8㎜
すね毛 6~9㎜
太もも・腕 9~10㎜
VIO 10~12㎜
胸・腹・背中 0~2㎜

1㎜ごとに10段階も調整できるトリマーもあれば、まったく調整できないタイプのトリマーもあります。
自然な薄さに仕上げられるように、長さを細かく調整できるアタッチメント付きのトリマーを選びましょう。

1-3.防水機能が付いている

防水機能が付いているトリマーには、次の2つのメリットがあります。

  • お風呂でムダ毛を処理できる
  • トリマー本体の手入れが楽

お風呂で手入れを行えば、剃った後の毛を洗い流すだけで済むので、片付けに時間がかかりません。
また防水機能が付いていると本体を丸洗いできるため、トリマーを清潔に保つことができます。

1-4.刃を交換できる

刃の切れ味が悪くなってくると、ムダ毛が引っ掛かってうまく剃れず、肌にも負担がかかってしまいます。
そのためトリマーの刃は、以下のタイミングで定期的に交換する必要があります。

  • 手動のトリマー:1ヶ月に1回
  • 電動のトリマー:2~3年

替刃がないタイプのトリマーは、本体ごと買い替えなければなりません。
ランニングコストを抑えるためにも、替刃があるかどうかも確認しておきましょう。

1-5.持ち運びたいなら電池式・パワー重視なら充電式

トリマーは電源方式によって、次の2つに分類できます。

  • 電池式
  • 充電式

電池式のトリマーは充電器が不要なので、出張や旅行に持って行きたい時に便利です。
ただし電池式のトリマーは持ち運びやすいようにサイズが小さめになっているため、充電式ほどパワーが強くありません。

毛量が多い人や処理したい範囲が広い人は、パワーが強い充電式のトリマーを選ぶのがおすすめです。
充電式のトリマーを選ぶ際には、1回の充電で何分ぐらい使えるかもチェックしておきましょう。

2.おすすめのムダ毛トリマー3選

男性のムダ毛処理に特におすすめのトリマーは次の3つです。

おすすめのムダ毛トリマー3選

商品名 価格 形状
パナソニック
ボディトリマーER-GK81-S
8,018円 I字型
フィリップス
ボディグルーマーBG7025/15
8,364円 バリカン型
フィリップス
ボディグルーマーBG1022/16
9,980円 T字型

※価格は税込で表示しています。(2021年6月現在)

ではおすすめのトリマーの特徴を、それぞれ詳しく説明します。

パナソニック ボディトリマーER-GK81-S


引用元:Amazon

価格 8,018円(税込)
形状 I字型
長さの調整 1mmごとに3~12mm調整可
0.1㎜に剃ることも可能
防水機能 あり
替刃の有無 あり
電源方式 充電式
(1時間の充電で50分使用可能)

最も細かく長さを調整できるトリマーです、

特徴
  • 1㎜ごとに10段階も長さを調整できる
  • Oラインの毛を処理しやすいV字ヘッド
  • 刃先が丸く肌を傷つける心配が少ない

フィリップス ボディグルーマーBG7025/15


引用元:Amazon

価格 8,364円(税込)
形状 バリカン型
長さの調整 3,5,7,9,11㎜で長さ調整可能
シェービングも可
防水機能 あり
替刃の有無 あり
電源方式 充電式
(1時間の充電で80分使用可能)

1時間の充電で約80分使えるため、全身のムダ毛を快適に整えることができます。

特徴
  • 連続使用時間が長い
  • 2㎜ごとに5段階の長さ調整が可能
  • 全世界で2年間の本体保証あり

フィリップス ボディグルーマーBG1022/16


引用元:Amazon

価格 9,980円(税込)
形状 T字型
長さの調整 0.5㎜と3㎜
防水機能 あり
替刃の有無 あり
電源方式 電池式

脇やすね毛、VIOのムダ毛を、ムラなく綺麗に整えたい人におすすめです。

特徴
  • 持ち運びに便利な電池式
  • 単三電池1本で最長45分使える
  • スキンプロテクター付きでVIOにも安心して使える

3.トリマーを使ったムダ毛のお手入れ方法

トリマーを使ったムダ毛のお手入れ方法を部位ごとに紹介します。

3-1.【すね毛】トリマーを使ったムダ毛のお手入れ方法

すね毛は何ミリに整えるかによって、イメージが大きく違ってきます。
まずは以下を参考に、何ミリに整えるかを決めましょう。

  • 自然な仕上がり:9㎜
  • 少し薄めでナチュラル:6㎜
  • 遠目には毛が見えない薄さ:3㎜

ではお手入れの手順をまとめて紹介します。

トリマーを使ったすね毛のお手入れ方法

  1. 希望の長さに合わせてアタッチメントを調整する
  2. アタッチメントの先端を軽く肌に当てる
  3. 足元から膝に向かって毛の流れに逆らうように剃る
  4. 剃り切れていない毛がなくなるまでトリマーをあてる
  5. 全体が均一な長さになれば完了
  6. 不要な毛を洗い流す
  7. 保湿ケアを行う

トリマーを使ったすね毛のお手入れ方法の参考動画

3-2.【VIO】トリマーを使ったムダ毛のお手入れ方法

VIOのムダ毛処理は、肌を傷つけないように必ずアタッチメント付きのトリマーを使って行います。
おすすめの長さは以下の通りです。

  • チクチクしない自然な仕上がり:10~12㎜
  • 薄めのスッキリした仕上がり:5~6㎜

ではお手入れの手順をまとめて紹介します。

トリマーを使ったVIOのお手入れ方法

  1. 毛が長過ぎる場合はハサミでカットしておく
  2. 希望の長さに合わせてアタッチメントを調整する
  3. 皮膚がたるまないように指で引っ張りながらトリマーをあてる
  4. IラインやOラインは床に鏡を置いて確認しながら剃る
  5. 毛量が減って全体に長さが整えば完了
  6. 不要な毛を洗い流す
  7. 保湿ケアを行う

トリマーを使ったVIOのお手入れ方法の参考動画

3-3.【腕】トリマーを使ったムダ毛のお手入れ方法

腕毛は仕上がりのイメージに合うように、以下の長さに整えましょう。

  • チクチクしない自然な仕上がり:9~10㎜
  • 薄めのスッキリした仕上がり:2~3㎜

ではお手入れの手順をまとめて紹介します。

トリマーを使った腕毛のお手入れ方法

  1. 希望の長さに合わせてアタッチメントを調整する
  2. アタッチメントの先端を軽く肌に当てる
  3. 毛の流れに逆らって、なでるようにトリマーを動かす
  4. 腕の毛は生えている方向が一定ではないのでいろんな方向に剃る
  5. 不要な毛を洗い流す
  6. 保湿ケアを行う

トリマーを使った腕毛のお手入れ方法の参考動画

3-4.【脇】トリマーを使ったムダ毛のお手入れ方法

脇毛は短すぎるとチクチクするので、長さは10㎜ほどにして毛量を減らしましょう。
ではお手入れの手順をまとめて紹介します。

トリマーを使った脇毛のお手入れ方法

  1. 10㎜前後にアタッチメントを調整する
  2. アタッチメントの先端を軽く肌に当てる
  3. 毛の流れに逆らってトリマーをすべらせる
  4. 長さを整え過ぎず自然に仕上げる
  5. 不要な毛を洗い流す

3-5.【胸・腹・背中】トリマーを使ったムダ毛のお手入れ方法

ムダ毛がなくても不自然に見えない部位なので、「0~2㎜」の薄さに仕上げるのがおすすめです。
背中は届きにくいため、次のどちらかの方法でお手入れを行いましょう。

  • 持ち手が伸びるトリマーを使う
  • 他の人に手伝ってもらう

ではお手入れの手順をまとめて紹介します。

トリマーを使った胸・腹・背中のお手入れ方法

  1. 一番短く剃れるように調整する
  2. 毛の流れに逆らってトリマーをすべらせる
  3. 不要な毛を洗い流す
  4. 保湿ケアを行う

4.ムダ毛トリマーのメリット、デメリット

男性がトリマーでムダ毛を処理するメリットとしては次の3つが挙げられます。

ムダ毛トリマーのメリット
  • 1万円以下で手軽に購入できる
  • 長さの調整が簡単で自然に仕上がる
  • 刃が肌に触れないから安心

トリマーを使う最大のメリットは、「毛を適度に残して、自然な薄さに仕上げられる」ことです。
またカミソリと違って刃が肌に触れない構造になっているため、アンダーヘアのお手入れも安心して行えます。

ただし次の3つはデメリットといえます。

ムダ毛トリマーのデメリット
  • 週に1回は処理を続ける必要がある
  • 短くし過ぎるとチクチクする
  • 使用後はトリマーの手入れをしなければならない

処理した毛は1週間ほどで伸びてくるため、週に1回はお手入れを続ける必要があります。
またトリマーを使った後に、本体の洗浄や注油、刃の交換などの手間もかかってしまいます。

手間をかけずに清潔感を保ちたい人は、サロンやクリニックで脱毛をして毛量を減らしておくのがおすすめです。
1,000円以下で試せるキャンペーンもたくさんあるので、まずは実際に脱毛効果を体験してみることから始めましょう。

参考記事
メンズ脱毛をお試しキャンペーンで体験できる安いサロン・クリニック
今回は、メンズ脱毛をキャンペーン価格でお試しできるサロン・クリニックを紹介します。

5.メンズの自己処理の方法の比較

トリマーとその他の自己処理方法には次のような違いがあります。

メンズの自己処理の方法の手軽さ・仕上がり・安全性を比較

自己処理方法 手軽さ 自然な仕上がり 安全性
トリマー 安くて簡単
家庭用脱毛器 高額で手間もかかる
脱色クリーム 簡単だが継続的に費用がかかる
カミソリ 低価格だが難しい
除毛クリーム 簡単だが継続的に費用がかかる
ブラジリアンワックス 簡単だが継続的に費用がかかる
ハサミ 低価格だが難しい
毛抜き 安いが手間がかかる

カミソリや除毛クリーム、ブラジリアンワックスでムダ毛を処理すると、ツルツルで不自然な仕上がりになってしまいます。
一方、ハサミを使えば毛を残すことが可能ですが、長さの調整が難しいため、まばらな仕上がりになることも少なくありません。

手軽にムダ毛をナチュラルな状態に仕上げたい人は、トリマーを使って手入れを行うのがおすすめです。

6.メンズのムダ毛処理ってツルツルにした方が良いの?

自然な薄さが良いか、ツルツルが良いかは、部位によっても異なります。

【ツルツルにした方が良い部位】

  • 眉毛の間
  • 乳首まわり
  • お腹
  • へそ周り
  • 背中
  • 手の甲指

【自然な薄さに仕上げた方が良い部位】

  • すね
  • VIO

雑誌のアンケート調査の結果からも、男性のすね毛や腕毛、脇毛は、「ツルツルよりも薄めに仕上げた方が良い」ことがわかります。

引用元:https://cancam.jp/archives/225961

ただし女性の多くが「男性のムダ毛が生えてほしくない部位」として挙げている箇所は、ツルツルにしておくのがおすすめです。


引用元:https://dime.jp/genre/980538/

また体毛のケアをしている男性に対して、約9割の女性が良い印象を持っているというアンケート結果も出ています。


引用元:https://dime.jp/genre/910380/

毛量を減らすだけでも、清潔感がアップして女性からの評価も高まります。
この機会にトリマーを使って、ムダ毛のお手入れを始めてみましょう。

7.ムダ毛トリマーのSNSの体験談

実際にトリマーを使ってムダ毛を処理した人の体験談をまとめて紹介します。

トリマーで腕毛を処理した人の体験談

トリマーですね毛を処理した人の体験談①

トリマーですね毛を処理した人の体験談②

トリマーでムダ毛を処理した人の体験談

  • 処理前に比べて腕毛が薄くなり清潔に見える
  • すね毛だけなら10分で処理が完了した
  • 3㎜にしたら短すぎて不自然になった
  • 野暮ったさがなくなったけどチクチクする
  • すね毛を剃ったら女性ウケが良くなった
  • カミソリよりはチクチクがマシ
  • ケツ毛を剃ったらチクチクして痒い
  • いろんな部位に使えて手入れも楽
  • 意外とツルツルになった
  • ムダ毛の処理が楽になった

簡単にムダ毛を処理できて、カミソリよりチクチクしにくいなどの良い口コミも複数寄せられています。
一方で、「チクチクして痒い」「短すぎて不自然になってしまった」という人もいるようです。

チクチクしない自然な状態をキープしたい人は、サロンやクリニックで脱毛を始めましょう。

8.まとめ

トリマーはツルツルにせず、毛を自然な薄さに整えたい男性に最適です。
おすすめのトリマーについては以下の表をご覧ください。

おすすめのムダ毛トリマー3選

商品名 価格 形状
パナソニック
ボディトリマーER-GK81-S
8,018円 I字型
フィリップス
ボディグルーマーBG7025/15
8,364円 バリカン型
フィリップス
ボディグルーマーBG1022/16
9,980円 T字型

※価格は税込で表示しています。(2021年6月現在)

ちょうど良い薄さを維持するためには、週に1回のペースで手入れを続ける必要があります。
頻繁に手入れをするのが面倒な人は、サロンやクリニックの脱毛して毛量を減らしておくのがおすすめです。

Exit mobile version