顔の産毛の脱毛についてこんな疑問を持っていませんか。

  • 脱毛器の種類が多すぎてどの脱毛器が良いのかわからない
  • 美顔機能の付いた脱毛器ってあるの?
  • 顔の産毛を脱毛したいけどやり方がわからない。

この記事では、顔の産毛におすすめの脱毛器の選び方と、おすすめの脱毛器を紹介します。
また、脱毛器の使い方や注意点も紹介しています。
家庭用脱毛器で顔を脱毛して美肌を目指しましょう!

1.顔の産毛の脱毛におすすめの家庭用脱毛器の選び方



顔脱毛に使う脱毛器を選ぶ際に必ずチェックしておきたいポイントは、次の5つです。

  1. 顔脱毛の範囲
  2. 出力調整機能
  3. 最少照射面積
  4. 美顔機能
  5. ランニングコスト

5つのポイントをチェックして、自分にぴったりの家庭用脱毛器を選びましょう。

1-1.脱毛できる範囲をチェックする

気になる脱毛器を見つけたら最初にチェックしておかなければならないのが、「脱毛できる範囲」です。
各脱毛器の顔脱毛ができる範囲は、以下のようになっています。

各脱毛器の顔脱毛ができる範囲

脱毛器 目の周り(眉下) 頬・おでこ 鼻下・あご
おすすめ!ケノン 眉毛脱毛器あり    
脱毛ラボホームエディション
LAVIE(ラヴィ)

特に、眉下を脱毛できる家庭用脱毛器は限られています。
眉下を含めて顔脱毛をしたい人は、ケノンをチェックしてみてください。

1-2.細かい範囲を脱毛できる脱毛器を選ぶ

照射面積が広いタイプの家庭用脱毛器は、全身脱毛のスピードアップに有効です。
しかし、凹凸が多い顔には、細かい範囲を丁寧に照射できる照射面積が狭いタイプの脱毛器が適しています。

各脱毛器の最少照射面積を比較すると、次のようになっています。

各脱毛器の最少照射面積

脱毛器 最少照射面積
脱毛ラボホームエディション 4.16㎠
ケノン 4.5㎠
LAVIE(ラヴィ) 6.0㎠

鼻下や口周りなどの狭い範囲をしっかり脱毛したい人は、できるだけ照射面積が狭い脱毛器を選びましょう。

1-3.出力調整機能が充実した脱毛器を選ぶ

皮膚が薄くデリケートな顔の脱毛は、肌トラブルを防ぐためにも肌の調子を確認しながら少しずつ出力を上げていく必要があります。
そこで次は、各脱毛器の出力調整機能を比較してみました。

各脱毛器の出力調整機能

脱毛器 出力調整機能
おすすめ!ケノン 10段階
LAVIE(ラヴィ) 7段階
脱毛ラボホームエディション 5段階

失敗が許されない顔脱毛には、できるだけ出力調整機能が充実した脱毛器を選んでおくと安心です。
また、初めのうちは出力を最小に設定しておくことで、痛みを感じず快適に脱毛することができます。

1-4.美顔機能付きの脱毛器を選ぶ

美顔器としても使いたいなら、専用の美顔カートリッジに切り替えが可能な脱毛器を選ぶのがおすすめです。

各脱毛器の美顔カートリッジの有無

脱毛器 美顔カートリッジ
おすすめ!ケノン あり
LAVIE(ラヴィ) あり
脱毛ラボホームエディション なし

IPL脱毛の光には、美肌効果を期待できる波長が含まれています。
しかし脱毛に効果的な波長と美肌ケアに効果的な波長には、次のような違いがあります。

美顔ケアに効果的な波長…420~750nm
脱毛に効果的な波長…600~1,100nm


引用元:ya-man.com

専用のカートリッジを使うことで美肌ケアに効果的な波長を絞ることができ、より高い美肌効果を実感できます。
フォト美顔の効果をしっかり実感したい人は、ケノンやLAVIEのように美顔カートリッジに切り替えられる脱毛器を選びましょう。

1-5.ランニングコストが安い脱毛器を選ぶ

顔には産毛が多く生えているため、脇などに比べると照射回数が多めにかかる傾向があります。
美顔器として使うことも想定して、ランニングコストが安い脱毛器を選んでおきましょう。

ランニングコストが安い脱毛器を選ぶには、次の2点を確認しておく必要があります。

  1. カートリッジを交換できる
  2. ショット単価が安い

家庭用脱毛器には次の2つのタイプがあります。

  • 使い切りタイプ…決まった回数を照射すると本体ごと交換する
  • カートリッジ交換タイプ…カートリッジを交換すれば本体はそのまま使える

言うまでもありませんが、脱毛器本体を買い替える必要がない「カートリッジ交換タイプ」を選んだ方が、ランニングコストを安く抑えられます。
今回紹介した脱毛器のタイプについては以下の表をご覧ください。

各脱毛器のタイプ

脱毛器 タイプ
おすすめ!ケノン カートリッジ交換タイプ
LAVIE(ラヴィ) カートリッジ交換タイプ
脱毛ラボホームエディション 使い切りタイプ

次にショット単価についても確認しておきましょう。

脱毛器 本体価格 照射回数 ショット単価
ケノン 69,800円 300万発 最安値!0.023円
脱毛ラボホームエディション 71,478円 30万発 0.238円
LAVIE(ラヴィ) 54,780円 10.5万発 0.522円

※価格は税込で表記しています。
※ショット単価=本体価格÷照射回数で計算しています。

ショット単価が圧倒的に安いのは「ケノン」です。
本体価格だけでなくランニングコストをチェックして、本当の意味で安い脱毛器を選びましょう。

2.顔の産毛の脱毛におすすめの家庭用脱毛器


5つのポイントを比較して選んだ顔脱毛におすすめの脱毛器を一覧にまとめました。

顔脱毛におすすめの家庭用脱毛器一覧

脱毛器 顔脱毛ができる範囲 最少照射面積 出力調整機能
おすすめ!ケノン 眉下を含む顔全体 4.5㎠ 10段階
脱毛ラボホームエディション 目の周りを除く顔全体 4.16㎠ 5段階
LAVIE(ラヴィ) 目の周りを除く顔全体 6.0㎠ 7段階
脱毛器 美顔カートリッジ ランニングコスト
ケノン あり 最安値!0.023円/1ショット(カートリッジ交換可)
脱毛ラボホームエディション なし 0.238円/1ショット(使い切りタイプ)
LAVIE(ラヴィ) あり 0.522円/1ショット(カートリッジ交換可)

では顔脱毛におすすめの脱毛器の詳しい特徴をおすすめ順に紹介します。

ケノン

本体価格 69,800円(税込)
顔脱毛できる範囲 眉下も含めた顔脱毛が可能
最小照射面積 4.5㎠
出力調整機能 10段階
美顔カートリッジ あり
ランニングコスト 0.023円/1ショット
(カートリッジ交換可)
ケノンは、顔全体を脱毛したい人に最もおすすめの家庭用脱毛器です。
ケノンの特徴
  • 眉毛脱毛器を使えば眉下も含めた顔全体を脱毛できる
  • 出力を細かく調整できるから肌トラブルの心配が少ない
  • 美顔カートリッジで脱毛と同時に美肌を目指せる
こんな人におすすめ!
  • 眉下を含む顔全体を脱毛したい人
  • 顔脱毛と美肌ケアの両方をしたい人
眉下を含む顔全体を脱毛できるケノン

脱毛ラボホームエディション

本体価格 71,478円(税込)
顔脱毛できる範囲 目の周りを除く顔全体
最小照射面積 4.16㎠
出力調整機能 5段階
美顔カートリッジ なし
ランニングコスト 0.238円/1ショット
(使い切りタイプ)

クーリング機能付きなので、冷却をしなくても痛みや肌トラブルの心配なく顔脱毛を行えます。

脱毛ラボホームエディションの特徴
  • 照射面が小さめで顔の凸凹にもフィットしやすい
  • 冷却機能付きで痛みを感じにくい
こんな人におすすめ!
  • 小鼻の周りなどの細かい箇所もしっかり脱毛したい人
  • 痛みや肌トラブルの心配なく顔脱毛をしたい人
脱毛のプロが開発した脱毛ラボホームエディション

光エステ脱毛器LAVIE(ラヴィ)

本体価格 54,780円(税込)
顔脱毛できる範囲 目の周りを除く顔全体
最小照射面積 6.0㎠
出力調整機能 7段階
美顔カートリッジ あり
ランニングコスト 0.522円/1ショット
(カートリッジ交換可)

今なら公式サイトで、美顔カートリッジを1,000円安く購入できるお得なセットが販売されています。

LAVIEの特徴
  • 新モデルが登場し照射パワーがアップ!
  • カートリッジを交換すれば美顔器としても使える
こんな人におすすめ!
  • 頬などの広範囲のムダ毛を短時間で脱毛したい人
  • なるべく安く美顔カートリッジを手に入れたい人
美顔セットがお得なLAVIE

3.顔の産毛を家庭用脱毛器で脱毛した人の口コミ


TwitterやYouTubeに寄せられている家庭用脱毛器で顔脱毛をした人の口コミや体験談をまとめて紹介します。

【Twitterに寄せられた口コミ・体験談】

LAVIEで顔脱毛をしている人の体験談

ケノンの美顔器や眉毛脱毛を使った人の口コミ

顔の産毛を家庭用脱毛器で脱毛した人の口コミまとめ

  • 10日~3週間に1回のペースで顔の産毛がほぼなくなった
  • 1回でリフトアップ効果を実感できた
  • 産毛がなくなって化粧ノリが良くなった
  • 弱めのレベルで照射すれば痛みもほとんどなく脱毛できる

4.顔脱毛の効果を高める脱毛器の使い方


家庭用脱毛器による顔脱毛の効果を高めるためポイントは、次の3つです。

  1. 電動シェーバーで自己処理をしておく
  2. 冷却と保湿を徹底する
  3. 脱毛後の洗顔には石鹸を使わない

3つのポイントをチェックして、効率よく顔脱毛を進めていきましょう。

4-1.脱毛前の自己処理は電動シェーバーを使う

顔脱毛の前の自己処理には、顔用のI字型電動シェーバーを使うのがおすすです。


引用元:panasonic.jp

カミソリや毛抜きで自己処理をすると、それぞれ次のような理由で脱毛効果がでにくくなってしまいます。

カミソリ…肌が傷つくことで痛みや肌トラブルが起きやすくなる
毛抜き…毛根がなくなり脱毛の光が反応しなくなる

しっかり効果を実感するためにも、脱毛前の自己処理には電動シェーバーを使いましょう。
自己処理のポイントは次の3つです。

  1. 自己処理は前日に行う
  2. 1~2ミリの長さに整える
  3. 毛の流れに沿って剃る

ムダ毛はギリギリまで剃らずに1ミリほど残しておいた方が、脱毛の光が反応しやすくなります。
電動シェーバーを使って前日に剃っておけば、ムダ毛がちょうど良い長さに仕上がり、脱毛効果がアップします。

シェービングの際には肌を傷つけないように、顔のムダ毛が生えている方向に上から下へと電動シェーバーを動かすようにしましょう。

4-2.冷却と保湿を徹底する


脱毛前後の冷却や保湿には、次のような効果を期待できます。

冷却の効果

  • 痛みを感じにくくなる
  • 肌トラブルが起きにくくなる
保湿の効果

  • 脱毛の光が届きやすくなる
  • 痛みを感じにくくなる

脱毛前にたっぷり保湿をしておけば、肌内部の水分が熱を吸収してくれるため、痛みを感じにくくなります。
痛みを感じなければ、高出力で照射を行えるため、高い脱毛効果を実感できるようになります。

また肌が乾燥していると角質が分厚くなり脱毛の光が届きにくくなりますが、保湿をしておくことで肌が柔らかくなり脱毛の光が毛根に届きやすくなります。
さらに保湿によって肌が潤えば、新陳代謝も活発になり、毛の生え変わりも促進されることで脱毛効果のアップにつながります。

しっかり脱毛効果を実感するためにも、以下のポイントを参考に冷却と保湿を行いましょう。

冷却と保湿のポイント!
1箇所につき10秒ずつ冷却+保湿

冷却は広範囲をまとめて冷やすのではなく、こまめに行うのが重要です。
また脱毛後は特に肌が乾燥しやすい状態になっているので、忘れずに保湿ケアを行いましょう。

4-3.脱毛後の洗顔は石鹸を使わずぬるま湯のみ

脱毛後に洗顔をする際には、以下の3点に注意が必要です。

  • 石鹸を使わない
  • 熱いお湯を使わない
  • ゴシゴシ擦らない

脱毛後のお肌は、軽い日焼けをした時と同じ状態です。
肌の乾燥を悪化させないためにも、石鹸は使わずにぬるま湯だけで、サッと洗い流す程度の洗顔を心掛けましょう。

5.家庭用脱毛器で顔脱毛を行う際の注意点


自宅で顔脱毛を使う際に、特に注意したい3つのポイントについて詳しく紹介します。

5-1.ニキビがある箇所は避けて脱毛する

次のようなニキビがある箇所は、避けて照射を行います。

  • 赤く炎症しているニキビ
  • 黒っぽい色のニキビ
  • 化膿しているニキビ

炎症が起きている箇所に脱毛の光を当てると、ニキビが悪化してしまう可能性があります。
間違って照射をしてしまわないように、次のようなもので保護してから脱毛を始めましょう。

  • 絆創膏
  • 白いテープ

脱毛の光には黒いものに反応する性質があります。
絆創膏や白いテープで保護しておけば、ニキビがある箇所に照射をしても光を跳ね返してくれるため安心です。

5-2.日焼け後は2週間空けてから使う

日焼け後の顔脱毛がおすすめできないのは、次のような理由があるからです。

  • 強い痛みを感じる
  • やけどやシミなどの肌トラブルの原因になる
  • 脱毛効果がでにくくなる

家庭用脱毛器はムダ毛のメラニン色素に反応して、熱で毛根にダメージを与えることで脱毛効果を発揮します。
日焼け後の肌にはメラニン色素が多いため、肌表面に光が集中し痛みや肌トラブルが起きるリスクが高くなります。

また肌に光が集中することで、毛根に光が届かず脱毛効果も低下してしまいます。
日焼けをしてしまった場合は、2~4週間経って肌が落ち着いてから顔脱毛を行いましょう。

5-3.光が目に入らないように気を付ける

照射する光を直接見ると、失明や視力低下の原因になりかねません。
特に目の周りを含む顔脱毛を行う際には、次のような方法で目に光が入らないように注意して照射を行いましょう。

  • サングラスをかける
  • 白いタオルやガーゼで目を覆う
  • 目をつぶる

照射のタイミングに合わせて目を閉じるだけでも、光が目に入るのを防げます。
ただし目を閉じていても、瞼の上から光を照射するのはNGです。

眉下のムダ毛を処理したい場合は、ケノンの眉毛脱毛器のような高周波脱毛器を利用してお手入れを行いましょう。

6.顔の産毛を家庭用脱毛器で脱毛するメリット、デメリット


家庭用脱毛器で顔脱毛を行うメリット・デメリットをまとめて紹介します。

6-1.顔を家庭用脱毛器で脱毛するメリット

家庭用脱毛器で顔脱毛をする主なメリットは次の5つです。

メリット
  • サロンに通うより安い
  • 自分のペースでお手入れができる
  • 通う手間や交通費がかからない
  • 脱毛の光による美肌効果を実感できる
  • 美顔カートリッジに切り替えれば美顔器としても使える

サロンの顔脱毛に通った場合、完了までに12万円(12回)ほどかかりますが、家庭用脱毛器なら約7万円で購入できます。
今回紹介した脱毛器はいずれも全身脱毛に対応しているので、顔だけならツルツルになるまでお手入れを行えます。

また脱毛後に美顔器として使えるのも、家庭用脱毛器ならではのメリットの一つです。

6-2.顔を家庭用脱毛器で脱毛するデメリット

家庭用脱毛器で顔脱毛を行うデメリットは次の3つです。

デメリット
  • サロンよりも頻繁にお手入れを行う必要がある
  • 脱毛のペースを自分で管理しなければならない
  • 肌トラブルが起きた場合、各自で皮膚科を受診しなければならない

サロンの顔脱毛は月に1回が一般的ですが、家庭用脱毛器は1~2週間に1回のペースでのお手入れが推奨されています。
初めのうちは少し面倒に感じるかもしれませんが、徐々にムダ毛が生えるスピード遅くなり、自己処理も不要になっていきます。

また頻繁に脱毛できるため、サロンよりも早く効果を実感できたという人も多数です。
ただし最低でも1週間は間隔を空ける必要があるので、脱毛した日をスケジュール帳などに記録しておくようにしましょう。

7.まとめ


顔脱毛用の家庭用脱毛器は、以下のポイントに注目して選びましょう。

  1. 顔脱毛できる範囲が広い脱毛器を選ぶ
  2. 出力調整機能が充実していて肌トラブルの心配が少ない脱毛器を選ぶ
  3. 凸凹した顔脱毛に適した照射面積が狭い脱毛器を選ぶ
  4. 美顔機能付きの脱毛器を選ぶ
  5. ランニングコストが安い

また、脱毛器を使用する際には冷却と保湿を徹底し、肌ダメージを最小限に抑えながら使うのが最も効果的です。
顔脱毛におすすめの脱毛器については、以下の表をご覧ください。

顔脱毛におすすめの家庭用脱毛器一覧

脱毛器 価格 キャンペーン
おすすめ!ケノン 69,800円 本体と同時購入で美顔カートリッジが半額!
脱毛ラボホームエディション 71,478円 公式限定!顔用シェーバープレゼント
LAVIE(ラヴィ) 54,780円 公式限定!美白クリームプレゼント

※価格は税込で表記しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. 家庭用脱毛器人気ランキング!家庭用脱毛器を口コミや効果などで比較!
  2. アンダーヘア(VIO)におすすめの家庭用脱毛器
  3. 脱毛器の効果の出る使い方は?正しく使ってツルツル肌に

 

家庭用脱毛器の関連記事
部位で選ぶ
家庭用脱毛器の悩みを解消する
おすすめの家庭用脱毛器をみる